ボランティアに行く。

最初に、今回地震に被災された方には心よりお見舞い申しあげます。
無我では、幸いケガや被害はありませんでしたが、かなりの恐怖を感じました。

ということで昨日大阪府高槻までボランティア活動に行ってきました。
(久しぶりに京都以西、いつの間に新しい駅や新しいホームやホームドアができたのだw)
街は比較的平穏でしたが、やはり現地の人は不安、ライフラインが開通していなくて
困ったという声が聴かれました。

以下当日起きたことと気が付いたことを箇条書き
1)ボランティアの人の適材適所へのマッチング。力仕事が得意そうな人には、力仕事を!
2)熱中症対策。炎天下やクーラーの効かない所があるので、各自、コンビニで2Lの水を購入!
3)現場は混乱するのは当たりまえ、だから各自治体は経験値を上げる意味でも職員の派遣!

ということです。

あと一緒に作業した方が同年齢の鉄オタで私が山陰線のオハニ36に乗った自慢と、彼が東北線に(現役当時のw)ダブルルーフのオハ32に乗った自慢で盛り上がりました。(W


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です