多賀大社の古知古知相撲に行く。

毎年9月9日に多賀大社で行われる古知古知相撲を見に行ってきました。豊作を祈る古例祭です。太古の昔、多賀大社の神主が伊吹山の八岐大蛇を退治したという故事が由来らしいです。地元の青年が力士になり三番勝負をしていました。

東「多賀の里」西「寿命ケ石」というしこ名。三番相撲の末、2勝1敗で東方の勝ち。今年は豊作。ちなみに神事の相撲とは思えないほどの熱戦でした。

 

 

DSC_0108

 

DSC_0006

DSC_0004

DSC_0012

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

地蔵盆

次の記事

明治以来の銭湯山の湯!