男子旅人、女子旅人 共に被写体募集中。

この2年ほど、旅人さんの写真を撮らせていただいています。元々は、頻繁に更新しているよう見せるためにとりあえず「写真を撮っておけ!」という安直な気持ちで始めたのですが、存外に被写体になってくれた旅人さん達に評判が良く、飽き性の私にすればよく続いていると思います。

「男子は元気よく、女子はかわいく」というを単純なモットーで始めました。女子は声をかければ撮影させていただけることが多いのですがしかし男子はなかなか(気持ち悪がって)声をかけてもいやがられます。

さて全くの私論ですが、人を撮る意味はどういう意味でしょうか?それは撮影者と被写体の対決の結果こぼれ落ちるなにかなのです。つまりどれだけいい機材を使って写真をとっても、どれだけ容姿がすぐれていても、それでは掴み切れない何かがどうしても写真として現れるのです。それを個性とだけ言えば非常に薄っぺらい(・・・)そう少し難しい言葉でいえば実存、一言でいうと生き様とか未来への志が写らざるを得ないのです。

また、私自身に関しても、どうしても撮影には、私の人間性が発露せざるを得ないのです。つまり少し大げさに言えば私の今までの生き様の一つが写っていくような気がします。

つまり結局は撮影とは、人間性と人間性のぶつかり合いなのです。撮影の技術以上にそこではとらえきれない何かが写ってくのです。

まだ私はカメラに関しては初心者で学ぶべきことが多いですが、少し技術を覚えると写真の技術以上のものが大事だとほんの少しわかってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と小難しいことを書きましたが、要するに撮影させていただける旅人さん、男子、女子関係なく募集中です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です