諏訪に行ってきました。

すこし前の事ですが先日の休館中、夫婦で諏訪湖に行ってきました。暖かいところに行こうと思っていましたが、素敵なゲストハウスがあるということでいってきました。

伊那付近での景色。

DSC_0355DSC_0330

伊那付近でみつけたカフェ

DSC_0345

ますやゲストハウスさんは、Tocoで修業された方。館内はとてもおしゃれ。そしてスタッフさんもとてもフレンドリー。写真は館内。

http://masuya-gh.com/

DSC_0347

諏訪といえば、諏訪湖。凍ってました。

DSC_0369

諏訪といえば中山道と甲州街道との合流点。古くからの温泉も多数。

DSC_0398DSC_0418DSC_0419

万治の石仏

一見何も技巧を凝らしていないようにみせている。遠近法とか、仏像全体のバランスとか、人に良く見せようとか、そういう面倒なことはすべて些細なことして省かれている。しかし得もいえぬ力がある。ただしここをパワースポットと紹介するに安易すぎる。そんなベタ塗のフレーズなんてクソくらえだ。

芸術においては技法が作品に対して制限を加えるということはよく言われる。一つの技法が使われるとそれを契機に作品の出来の可能性が広がる。それを積み重ねることを「洗練」されるという。無論この「洗練」の過程も第三者が安易に語るべきものではないことも承知している。

この万治の石仏を見るとそういった「洗練」さへの過程とはいったい全体なんであったのだとおもう。安直な表現だが芸術のプリミティブな表出であり、この感動を言葉で言い表すには、永遠に付帯的なことのみを述べてもどかしさを感じるか、はたまたこれは技巧を使ってないと見せかけた技巧と気が付くか。

DSC_0424

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です