ヘルパーさんの体験記。

ヘルパーの体験を振り返って…

2016年春、ヘルパーとして無我のお手伝いをしていましたもときです。
この場をお借りして、この春の体験記を書きたいと思います。(もう夏ですけど。)

先に簡単な自己紹介を。
僕は滋賀生まれ、滋賀育ち。ちょっとだけ大阪に住んでいましたが、今は滋賀県で暮らしています。
ちなみに国内はあちこち行きましたが、海外には行ったことがありません。

今回、無我のヘルパーをやってみたいと思ったのは、
日本中、世界中から滋賀にやってくる人に会って、話をしてみたいという、
純粋な興味からでした。

もともと僕はゲストハウスに泊まった経験はゼロ。
そんな状態だったのでもちろん初めてのことばかり。

はじめのうちはお客様とのコミュニケーションにも苦戦。言葉の壁もやはりあり…
でも、やっていくうちに、ちょっとずつわかるようになってきて、
段々と、自然体でお客様と接することができるようになっていきました。

と、慣れた頃には春の終わり… あっという間でした。

無我でみなさんとお話ししている時間は、本当に楽しくて。
言葉の壁も工夫次第で何とかなるんだというのも、
身にしみて感じました。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

第一回歴史カフェ

次の記事

三周年